女性の薄毛

5つの女性の薄毛の原因

薄毛の悩みというと男性のものと思いがちですが、女性でも薄毛で悩んでおられる方はたくさんいらっしゃいます。女性の薄毛の場合、考えられる原因は大きく分けて5つあります。

加齢

まず一つ目は「加齢によるもの」です。男性の薄毛の原因で一番多いのが男性ホルモンの過剰分泌です。ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが多くなることで薄毛となることが分かっています。女性の場合、男性ホルモンも分泌されていますが、女性ホルモンの分泌の方が多いため男性に比べて薄毛の女性は少ないのです。しかし、女性も40歳を過ぎたあたりから女性ホルモンの分泌が減少してきます。このため男性ホルモンとのバランスが崩れて薄毛となる女性が増えるのです。しかし、女性の薄毛はその後のケアをしっかりと行うことで進行を遅らせることが可能となります。

 

ホルモンバランスの乱れ

二つ目の原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。先ほどの加齢による薄毛も女性ホルモンが減少することで起こるものでしたが、若い女性でも出産などをきっかけにホルモンバランスが乱れて一時的に薄毛となることがあります。妊娠中は女性ホルモンが普段よりも多く分泌されています。このため、出産を終えることで女性ホルモンの量が通常の分泌量に戻るので、この時に抜け毛が大量に発生してしまうことがあるのです。これは産後半年から1年くらい続くこともありますが次第に元の状態に戻りますので、それほど心配する必要はありません。しかし、1年を過ぎても薄毛が改善されない場合は他の原因が考えられますので医師に相談してみてください。

 

栄養の偏り

女性の薄毛の原因の三つ目は「栄養の偏り」です。若い女性の場合、断食のように極端に食べないダイエットを行っている方がおられます。必要な栄養素を摂取していないと髪は成長をすることが出来ません。このため毛根が栄養不足で痩せてしまい、髪が抜け落ちることになります。ダイエットを行う際の基本は必要な栄養素はしっかり摂ることです。せっかく痩せても見た目が美しくなければ何もなりません。

 

過剰なストレス

四つ目は「過剰なストレス」です。現代社会においてはストレスを感じていない人の方が珍しいほどです。ストレスを溜め込まないように上手に解消できていれば問題はないのですが、中にはストレスの解消が上手くいかず、どんどん溜め込んでしまっている人もおられます。ストレスが過度に溜まると内臓機能の低下や睡眠障害が起こることがあります。こうなると毛細血管が詰まったり、頭皮が硬くなったりして髪の毛の成長を妨げることになります。一人で悩んでいるとどんどんストレスを溜め込むことになりかねませんので、出来るだけ早く専門家に相談するようにいたしましょう。

 

間違ったヘアケア

最後の五つ目は「間違ったヘアケア」です。パーマやカラーリングを頻繁に行ってしまうと髪はもちろん、頭皮も大きなダメージを受けます。健康でなくなった頭皮は健やかな髪を育てることが出来なくなります。こうして抜け毛が増えてしまうのです。また、コンディショナーやトリートメントが十分に洗い流されていないことで成分が毛穴に詰まって頭皮環境が悪くなることもあります。すすぎは十分に行うように注意してください。

女性の薄毛の種類

女性の薄毛にはいくつかの種類があります。
まず「牽引性脱毛症」です。これは髪をポニーテイルにしたり、束ねたりした際に強く引っ張り続けることが原因で起こる脱毛症です。頻繁に髪を束ねている人は要注意となります。しかしこの牽引性脱毛症の場合、ショートヘアにするなど髪型を変えることで回復に向かいます。

 

「円形脱毛症」は過度のストレスを受けることで発症します。そして、円形脱毛症になったことでさらにストレスが増して回復が遅れることもありますので注意が必要となります。通常は6か月ほどで治まると言われていますが、症状が長引く場合などは病気が原因となる場合もありますので速やかに皮膚科を受診してください。

 

「びまん性脱毛症」は女性の薄毛で最も多い脱毛症です。このびまん性脱毛症は全体的に髪にボリュームが無くなったり、抜け落ちたりして頭髪が薄くなっていく症状です。ホルモンバランスの乱れやストレス、過度のヘアケアなどによって起こりますので生活習慣を今一度見直してみることが必要と言えます。

 

「ひこう性脱毛症」は過剰なフケによって毛穴が詰まることが原因で脱毛してしまう症状です。毛穴が詰まることで炎症が起こってひこう性脱毛症になるようです。1日に何度もシャンプーをするなど皮脂の取り過ぎが原因となります。

 

「脂漏性脱毛症」は過剰な皮脂の分泌によって毛穴が詰まって炎症が起きることで発症する脱毛症です。シャンプーの仕方が間違っていたり、偏った食事で栄養不足が起こったりすることで発症します。医療機関において皮膚炎と診断された場合は健康保険が適用されます。

薄毛を予防する栄養成分

頭皮の血行が悪くなることで、薄毛が進行することはお分かりいただけたと思います。しかし、頭皮の血行を改善しても必要な栄養素が摂れていないと薄毛を予防したり改善したりするまでには至りません。薄毛を予防するために必要な栄養素をご紹介します。

 

まず、タンパク質です。タンパク質は髪の毛の主成分でもあります。タンパク質は植物性と動物性がありますが、動物性タンパク質には脂肪が多く含まれていることもあり、薄毛予防においては植物性のタンパク質の摂取をお勧めします。

 

次に亜鉛です。亜鉛は髪の毛の主成分となるタンパク質を合成するための酵素の構成成分です。健康な髪を育てるためには不可欠な成分と言えます。しかし、過剰摂取してしまうと腎機能障害を起こす危険性もありますので注意が必要です。

 

ビタミンAは毛根の細胞分裂を正常化する働きがあります。フケが多い方など頭皮が乾燥状態になっている場合は意識して摂るように致しましょう。ビタミンB2も大切な栄養素です。ビタミンB2は健康な髪を作るためには欠かせません。ビタミンB2が不足してしまうと頭皮環境が一気に悪くなります。頭皮が炎症を起こしている場合には有効な栄養素です。普段よりお酒をたくさん飲まれる方や運動量の多い方は不足する傾向にありますので意識して摂取してください。ビタミンB2は水溶性のビタミンのため、体内に蓄えておくことが出来ません。このため毎日必要量を摂取するようにいたしましょう。ビタミンB6はタンパク質の合成を助ける成分です。ビタミンB6には皮脂の分泌を正常化させる働きがあります。

女性の薄毛と生活習慣の関係

生活習慣が薄毛と大きく関わっていることがあります。
まず注意しておきたいのが喫煙です。最近では、男性の喫煙率が下がる傾向にあるのに対して女性の喫煙率は増加の傾向にあります。ヘビースモーカーで薄毛に悩んでおられる方は、まず禁煙から始めてみてはいかがでしょうか。タバコに含まれているニコチンは、毛細血管を収縮させて血行を悪くします。このため頭皮の毛細血管が詰まって栄養が行き渡らなくなるのです。こうして抜け毛や薄毛につながってしまいます。また、たばこの煙に含まれる一酸化炭素は身体を酸素不足にすることが分かっています。酸素不足となった頭皮には健康な髪が生えにくくなります。

 

頭皮の血行不良を引き起こす原因は、睡眠時間も関係しています。健康な髪が生えるためには成長ホルモンの影響を大きく受けることになります。しかし睡眠を取る時間帯が遅かったり、睡眠不足になっていたりすると交感神経と副交感神経の入れ替わりが上手くいかず、成長ホルモンが十分に分泌されないことになります。このような生活が長く続くと健康な髪を維持することが出来なくなるのです。

 

アルコールの過剰摂取も薄毛の原因になります。少量のアルコールであればストレス解消になって身体に良いこともありますが、飲み過ぎると脱毛を促進させる場合もあります。
アルコールを過剰摂取すると中性脂肪が溜まりやすくなります。すると、皮脂が過剰分泌されるため毛穴に皮脂が詰まって頭皮環境が悪くなってしまいます。こうして抜け毛が増えて薄毛になってしまうのです。

 

女性用のおしゃれなカツラ。医療様としても使われるほどのクオリティです。
詳細はこちらからご覧になってください→フルウィッグ通販